2018年08月19日

第32回ビホロ100kmデュアスロン

 今年は圧倒的な練習不足でスタミナ不足が懸念されたので、「総合はもちろん表彰台争いにも加わらず、マイペースで完走」の方針で2列目から第1ランスタート。
 ディフェンディングチャンピオンを含む3人グループが超速で抜け出し、私はその後の4位グループ。
 ラップタイムも確認せず、脚まかせで走ります。
 少し行くと先頭から1人が遅れ、先頭2人、かなり距離が空いて私を含む2人という隊列になり、同行者とはペースが合ったのでそのまま終盤までランデブー走行し、ラスト1kmで少し遅れて(というか向こうが僅かにペースアップしたっぽい)第1ラン終了。
 37分25秒、区間4位、総合4位。

 バイクも余裕を持ったペースでスタート。トランジットの差でスタート時の順位は3位。
 いつもは2部の集団を一気にパスするためにバイク序盤はややオーバーペースで入るのだけれど、今年はそれよりも2km/hほど遅いペースで巡航。
 それが功を奏したのか、10kmを過ぎても脚が攣る気配はなし。
「これって意外と上位で行けちゃうんじゃね?」といい気になっていたら18km過ぎでバイク超速のF&Hコンビにパスされる。
 これは想定内だし、たとえドラフティングありでもついていけない相手なので見送り。
 その後30km過ぎあたりでさらに2人にパスされるも、こちらは「射程内に捉えていればついて行ける」ペースだったので、辛くなるまではついていくことにする。
 平地は向こうがやや速く、登りはこちらが速いといういつもの展開がしばらく続いていたけれど、50km手前あたりでサプリメント補給中に前方不注意で路肩の縁石に突っ込み、路外に転げ落ちる派手な落車をやらかしてしまう。
 幸い、身体もバイクも目立ったダメージはなく、1分弱ほどのロスで再スタート。
 この落車で変なスイッチが入ってしまったのか、自分でも想定外なペースでの猛追開始。
 20kmと行かないうちに落車前まで競り合っていた相手に追いつき、周回コースを抜けた後の登りで置き去りにして、そのまま単独走でバイク終了。
 バイクラップ2時間13分49秒、区間7位、総合4位。(ランで前に2人いて、バイクで2人に抜かれたはずなのに何故?)
 
 いくら「スイッチが入って」いたとはいえ、バイク終盤の追い込みで脚を使ってしまったのは事実なので、あとは省エネフォームでラスト10kmを走りきるだけ。
 ここまでは思っていたよりスタミナがもっていたけれど、10kmもあれば途中でいきなり崖が来る可能性もあるので無理はしない。というか無理をする体力も精神力も残っていない。
 入りの1kmを3分50秒台、その後は4分ちょいのペースで淡々と走り続けていたところ、後半の河川敷の折り返しで藤原さんとすれ違う。
 タイム差は目測で1分前後と思われ、予想よりもかなり近い。
 これが全盛期なら残り3kmで逆転できる距離だけれど、今の体力ではここからは追い上げるどころか、ペースダウンを最小限に抑えるのが精一杯。前よりもむしろ後ろとの差が近い。第2ランスタート時よりも詰まっている様子。
「これは追いつかれるな。まあ仕方がない」と諦観して走り続けたところ、それ以上差は詰まらずにフィニッシュ。
 43分44秒、区間9位、総合4位。
 トータルで3時間34分58秒、年代別2位、総合4位。
 
 ということで、スタート前の想定よりもかなりいい成績でした。
 総合優勝や年代別1位を争わず、最初から分をわきまえた走りをしたのが結果的に良かったのでしょうか。
 あとはやっぱり落車後のキレた走りですね。
 普段からあのくらいの走りができれば、年代別1位を争うこともできるのですが(笑)。
posted by キタハラ at 22:10| Comment(0) | レース

2018年06月03日

藻岩山ヒルクライム

 今季初戦は14分8秒でエリート11位。
 全盛期のタイムには遠く及びませんが、昨年の15分8秒、15位に比べればずいぶん改善しました。
 
 去年はまだ「全盛期の走り」のイメージが強くて、それと実際の走りとの乖離に戸惑ったのですが、今年はさすがに現状を受け入れて「今のフィジカルに見合った走りをする」と割り切って走れたのが良かったのでしょう。
 しかしポイント的には11位も15位も一緒なので、次の小平で一桁に入らないと残留が厳しいですね。
 来年エリートに残留できれば、再来年からはマスターで気楽に走れるので、なんとか頑張りたいところです。
 あと3週間、短距離高負荷のヒルクライム練習に専念しましょう。
posted by キタハラ at 15:11| Comment(0) | レース

2018年03月31日

初トレ

 今シーズン初のロード練習。
 冬の間、過去に例を見ないレベルで怠けていたので、とりあえず「3時間以上走る」ことだけを目標に、石狩新港周辺の平坦コースを30km/h前後で巡航。
 今の体力ではこのくらいが精一杯ですね。
 全盛時なら峠越えの5時間コースでも同じくらいの疲労感でしたが。
posted by キタハラ at 20:00| Comment(0) | トレーニング

2017年11月12日

ローラーシーズン

 スーパーバイクをお供に、土曜は少し負荷かけて3本ローラー1時間20分、日曜はまったりと1時間50分。
 今年は負荷練習のためにダイレクトドライブの購入も検討していたけど、少し負荷かけただけで膝に違和感があるので、おとなしく3本だけにしておいた方がよさそうな雰囲気。


 それはそうと、今年のスーパーバイクはジョニー・レイが強すぎてイマイチ面白みがない。
posted by キタハラ at 18:00| Comment(0) | トレーニング

2017年10月22日

今季初ローラー

 投票を終えたら軽く走ろうと思っていたのですが、雨が降り出したので今季初のローラー練習に変更。
 毎年のこととはいえ、シーズンはじめのローラーはすぐ飽きます。
 
 今年はパワートレーニング用にダイレクトドライブのトレーナーも買おうかと思っていたのですが、このところ何故か収支が赤字続きなので見送ることになりそう。
 
posted by キタハラ at 18:00| Comment(0) | トレーニング

2017年10月21日

まったり走

 もう山を登るには寒そうなので、茨戸川方面の平坦コースをのんびりと2時間走。
 復路が追い風になるコースを選択したのですばらしく快適。
posted by キタハラ at 18:00| Comment(0) | ツーリング

2017年10月15日

手稲山

 軽く手稲山でも走ろうかと家を出たら、予想以上に風が冷たかったので旧道1本で帰宅。
 そろそろ完全オフモードに移行ですかね?
posted by キタハラ at 19:07| Comment(0) | トレーニング

2017年10月14日

久々のスピード走

今日は午後から雨の予報が出ていたので(結果的に夕方までいい天気でしたが)、時間をかけないように張碓峠往復を負荷をかけて12km、47分51秒。

過去の経験では、アップダウンのあるこのコースを練習でキロ4分切りのペースで走れるなら、レースでは10km35分台で走れるはずなんですけどねぇ。
今年のレースの不調はなんなんでしょう?
posted by キタハラ at 21:08| Comment(0) | トレーニング

2017年09月30日

35kmラン

 朝里ダム往復の35.5km、2時間44分。
 今期最長ランなのでのんびりまったり走ろうと思った割にはいいペースですね。
 こうなると先週の余市の大失速が謎。
 金曜夜に原因不明のひどい下痢に襲われたのが日曜まで影響していたのでしょうか?
posted by キタハラ at 17:40| Comment(0) | トレーニング

2017年09月24日

余市味覚マラソン

 1時間25分43秒で年代別6位。
 順位もタイムもひどいですねー。
 
 序盤は優勝した昨年より少しだけ遅いくらいのペースで無理なく3位集団の先頭を牽いていたのですが、7kmあたりから身体が動かなくなり、どこで走るのをやめようかと考える展開。
 折り返し後の下りで少しだけ息を吹き返したものの、終盤は脚が限界でペースを上げられず。
 
 
 ビホロ後は毎週土日に20km超のラン練習を続けていたのにこの内容はなんなんでしょうね?
 特に終盤の脚の痛みは明らかに走り込み不足の症状。
 20kmランの回数からいけば、こんなことはないはずなのですが。
 こうした原因不明の失速レースは対策を立てにくいので困りものです。
 
 
 次のレースは2週間後のゆらぎトレイルでしたが、これはDNSですかね。
 来週末の練習だけでコンディションを改善できるとも思えませんし、こんな体調で走っても辛いだけで楽しくありませんから。
posted by キタハラ at 17:27| Comment(0) | レース(ラン)